スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校に理科専門教員配置…再生会議・最終案について

[小学校に理科専門教員配置…再生会議・最終案]について報道12月19日8時54分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000001-yom-pol
「政府の教育再生会議(野依良治座長)の第3次報告の最終案の全容が18日、明らかになった。
 2006年国際学習到達度調査(略称PISA)で日本が理数系で世界のトップレベルから転落したことを受け、小学校高学年に理科の専科教員を設置することなど、理科教育の改革を打ち出したことが特徴だ。最終案は同日の合同分科会で了承された。25日の総会の決定を経て、福田首相に提出される。
 第3次報告は、PISAや全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、理数系の科目や応用力に課題が多かったことを踏まえ、理科教育を中心とした学力向上策を提言。具体的には、小学校高学年で理科専科教員の配置を全国で進めることや、理科の授業や教科書の見直しを進めるほか、大学レベルの教育内容を盛り込んだ高度な高校の理科教材を、大学などが主体となって開発することを提案した。」
・・・・小学校教育の中で、「専科教員を設置」する必要性はだいぶ以前からあった。この再生会議の「小学校高学年に理科の専科教員を設置」という報告案がさらなる進展をして、他の教科にも波及することが望ましい。今や教育の問題で特に教員の質の問題が問われているなかで、こうした改革への提言は遅きに失した感がする!!
小学校では、高学年に限らず、4年生からそうした専門教科制を導入すべきで、更なる検討を続ける必要があるのではないか。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。