スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2章 教育法規の問題

第1節 教育基本法
問題1 次の文は、新教育基本法の前文である。
 文中の( 1 )~( 5 )に最も適切な語句をそれぞれ下記の選択肢①~⑭の中から一つ選び、番号で答えなさい。

前文
我々日本国民は、たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家を更に発展させるとともに、世界の平和と( 1 )の向上に貢献することを願うものである。
我々は、この理想を実現するため、個人の尊厳を重んじ、( 2 )を希求し、( 3 )を尊び、豊かな人間性と( 4 )を備えた人間の育成を期するとともに、( 5 )を継承し、 新しい文化の創造を目指す教育を推進する。
ここに、我々は、日本国憲法の精神にのっとり、我が国の未来を切り拓(ひら)く教育の基本を確立し、その振興を図るため、この法律を制定する。

① 人類の生活  ② 公共の精神 ③ 人類の文化 ④ 真理と公正 ⑤ 自由と平等

⑥ 真理と正義   ⑦ 習慣   ⑧ 独創性    ⑨ 人類の福祉  ⑩ 創造性

⑪ 理性    ⑫ 伝統    ⑬ 科学技術    ⑭ 公共の福祉
第2節 学校教育法の問題

問題1 次の文は、学校教育法第18条の2の規定である。文中の( 47 )に最も適切な語句を下記の選択肢①~⑤の中から一つ選び、記号で答えなさい。

第十八条の二  小学校においては、前条各号に掲げる目標の達成に資するよう、教育指導を行うに当たり、児童の体験的な学習活動、特に( 47 )など社会奉仕体験活動、自然体験活動その他の体験活動の充実に努めるものとする。この場合において、社会教育関係団体その他の関係団体及び関係機関との連携に十分配慮しなければならない。

47 ① クラブ活動  ② ボランティア活動  ③ 学級活動  ④ 勤労体験活動
   ⑤ 委員会活動

スポンサーサイト

テーマ : 教師に求められる能力 - ジャンル : 学校・教育

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。